女の子

塾通いが当たり前に

家庭教師を利用している家庭も含めると、相当な数が学校以外での学習をしており、小学生や中学生にとって学校以外の場で勉強をするということは最早常識といっても過言ではないだろう。「集団指導塾」「個別指導塾」「家庭教師」など種類があるが、どれが一番効率よく勉強できるか、それは子どもによって異なる。どれを選べば自分の子どもの成績があがるのかしっかりと考える事が必要である。「集団指導塾」「個別指導塾」「家庭教師」それぞれの特徴を下記に挙げていく。それぞれに利点があるので、子どもに合わせて学習塾にするのか、学習塾なら「集団指導塾」「個別指導塾」どちらにするのか、家庭教師にするのかなど考えてみるのも一つの手だろう。個別指導塾の場合、子ども個人の学力にあわせ、苦手科目、伸ばしたい分野などにあわせて授業をするのが特徴である。マンツーマンもしくは、2~3人の生徒に対して、1人の講師が受け持つ。塾講師と相談をしながら勉強を進められ、学力にあわせて予定をたてる為、わからない部分などについて重点的に勉強をする事で、成績アップがのぞめる。また、個別指導塾では、個別に講師と学習計画を相談しながら立てる事が出来る為、そういった子に向いている。親にとっては塾通いや家庭教師をするうえで大事な要因ともなる、月謝についても触れていく。学習塾や家庭教師などは会社などによって様々ではあるが、基本的には一人の講師に対して生徒が少ない方が高い設定になっている。一般的な相場で言うと最も高いのが「家庭教師」次に高いのが「個別指導塾」一番安いのが「集団指導塾」の順となっている。個別指導塾ではマンツーマンから塾講師1人に対して生徒が2~3人と変更することで月謝を安くする事が出来る。